【佛教大学】 最終試験合格英文法 第2設題 P5205 A評価

閲覧数157
ダウンロード数2
履歴確認

    • ページ数 : 3ページ
    • 会員550円 | 非会員660円

    資料紹介

    4種類の使役動詞 (make、 let、 have、 get) の違いと、それぞれの用法を、具体例を示しながら説明せよ。
    ※内容の丸写はせずに、資料は参考程度にとどめてご利用なさってください。

    最終試験情報には、「定冠詞と不定冠詞、可算名詞と不可算名詞、現在形と未来形、現在完了形と過去形、過去形と過去完了形、関係代名詞と関係副詞、現在分詞と過去分詞、to不定詞と動名詞、前置詞などについて、よく復習しておくこと」。とありましたが、試験問題は使役動詞の用法でした。面喰いましたが、シンプルにまとめ提出しました。A評価で合格でした。どれくらいの頻度で試験問題が変わっているのか分かりませんので、情報にテスト問題を記載しました。該当する方はご参考になさってください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    【佛教大学】 最終試験合格英文法 第 2 設題 P5205 A 評価
    [試験問題]
    4 種類の使役動詞 (make、 let、 have、 get) の違いと、それぞれの用法を具体例を示しな
    がら説明せよ。
    [解答]
    使役動詞は目的語に「~させる」という意味を表す動詞で、make、 let、 have、 getがあ
    る。make、 have、 let は、目的語説明文に頻繁に使われる。それぞれの違いについては、
    以下例文を使って説明する。
    make のニュアンス:力が加わった強制的な表現
    I'll do anything to make you happy. (訳:君を幸せにする為ならなんでもするよ)
    この場合の make は、力をギュッと加えて作り出すということで、「you=happy にする」た
    めに、ギュッと力を加えて、力を入れて、幸せにさせるために努力をすることを伝える表現
    になる。
    形式 make+ 目的語+原形不定詞
    The earthquake made the house break.
    (訳:地震によって家が壊れた)
    形式 make+ 目的語+ 過..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。