【日本大学通信教育部リポート課題】日本史概論・日本史概説(課題2)

閲覧数522
ダウンロード数1
履歴確認

    • ページ数 : 3ページ
    • 会員880円 | 非会員1,056円

    資料紹介

    【日本大学通信教育部】
    日本史概論(K32200)日本史概説(Q30200)課題2(2019~2022年度リポート課題)

    日本史概論(K32200)日本史概説(Q30200)課題2の合格判定リポートです。(最終評価:A)

    以下の点にご留意いただき、みなさまの学習のお役に立てたらと存じます。
    ・内容につきましては、あくまで参考程度に止め、本文の丸写しは厳禁とします。
    (※丸写し防止のため、一部、文章表現を不自然にしている場合がございます)
    ・本リポートの使用に係る責任は一切取りません。自己責任でお願い致します。
    ・誤変換などによる誤字・脱字がある場合がございます。ご容赦ください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    日本大学通信教育部(2019 ~2022 年度リポート課題)
    【日本史概論(K32200 ),日本史概説(Q30200 )課題2】
    以下の点に留意いただき、みなさまの学習のお役に立てたらと存じます。
    ・内容につきましては、あくまで参考程度に止め、本文の丸写しは厳禁とします。
    (※丸写し防止のため、一部文章を不自然にしている場合がございます。)
    ・本リポートの使用に係る一切の責任は負いません。自己責任でお願い致します。
    ・誤変換などによる誤字・脱字がある場合がございます。ご容赦ください。
    課題内容
    【課題】
    次の二問について、すべて答えなさい。
    1,寛永文化・元禄文化・化政文化の特徴をそれぞれ説明しなさい。
    2,大正デモクラシーをめぐる政府と民衆の動向について説明しなさい。
    【ポイント】
    1,2ともに、具体的な歴史事実の説明を書きすぎると文字数が足りなくなります。
    特に、1について「作者・作品」の紹介や説明で終わらせないように注意してください。
    1は、作品が生まれた時代的背景が重要です。また、文化の影響も記述してください。
    2は、吉野作造や美濃部達吉の考え、..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。