日大通信 考古学入門 分冊2 合格レポート

閲覧数365
ダウンロード数0
履歴確認

    • ページ数 : 2ページ
    • 会員770円 | 非会員924円

    資料紹介

    日大通信 考古学入門分冊2 2019~2022 合格レポートです。レポートを書く際の参考・資料等にお使い下さい。 丸写しは厳禁です。あくまでリポート作成の参考程度としてください。 ご使用は自己責任でお願いいたします. 【問題】発掘資料の内、遺跡の分布図からどのような研究が行われているか書きなさい。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    考古学 分冊 2
    建物の分布図によって多種多様な研究を行うことが可能である。まず遺物とは、石器、土器、装
    飾品、獣骨、人骨などの移動させることのできる物を遺物と呼ぶ。今回は、縄文時代の多摩ニュ
    ータウン No749 遺跡における遺物の分布図からどのような研究がされてきたかを考察する。出
    土遺物を本来の使われていた形に戻すことは、道具として使われていた遺物本来の姿を知ること
    ができ、当時の生活の復元をより具体的な状況や姿で捉えることもできるのでとても重要な作業
    になってくる。これを接合・復元といい、復元された考古学的資料は、文化財としても広く活用
    できるようになり、その価値が高められることになる。この遺跡の当時の様子を知る手掛かりと
    なる接合、復元の状況を図化することにより、接合分布図が明らかになる。この多摩ニュータウ
    ン No749 遺跡が存在した時期は、縄文時代の前期後半の遺跡である。今回は縄文時代における
    多摩ニュータウン No749 遺跡の分布図から考察をしていく。縄文時代では、主に狩猟が中心で
    あったとされている。遺物がどこにあるかを把握することによって石器を製作する際に生じ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。