【佛教大学】 2020年 教育相談の理論及び方法 合格済み レポート

閲覧数1,381
ダウンロード数12
履歴確認

    • ページ数 : 2ページ
    • 会員550円 | 非会員660円

    資料紹介

    2020年度佛教大学通信課程 「教育相談の理論及び方法」の合格済みレポートです。

    こちらは2019年度4月以降入学、新テキスト・シラバスに対応しております。
    佛教大学は特に罰則が厳しいのでそのままの転用は控えてください。
    こちらを参考程度に、新テキスト・自らの考察を付け加えるなどしてご利用ください。

    【設題】
    教師が行う教育相談(学校カウンセリング)の在り方(進め方)について述べなさい。 

    【参考文献】

    学校カウンセリング入門 第3版 
    友久久雄 編著 
    ミネルヴァ書房

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    教師が行う教育相談(学校カウンセリング)の在り方(進め方)について述べなさい。
    学校カウンセリングは
    1995
    年に文部科学省スタートしたスクールカウンセラー事業によって発展し、新しい
    道を歩み出したと言える。学校カウンセリングは教師によって行われる教師カウンセリングとスクールカウ
    ンセラーによって行われるスクールカウンセリングに大きく分けることができるが、今回のレポートでは教
    師が行う教師カウンセリングについて述べていく。
    教師カウンセラーの定義に関しては、「教師カウンセラーは、ある程度の研修を受け、その専門性を意識し
    ており、実際に問題事例に対して自らカウンセリングを実施する教育相談係(
    1998
     長坂)」とされている
    が、実際の現場では専門性を有していない多くの教師が学級担任として個々の生徒に生徒指導上、あるいは
    教育相談として関わっており、そのなかで子どもの理解や問題行動への対応を迫られる。そのため、一人一
    人の教師がカウンセリング的理論や技法を学ぶ必要性があると言える。
    カウンセリング的な理解やかかわりが昨今の教育において重視されるようになってきた理由についてである
    が、そ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。